NPO法人もみの木について

わたくしたち NPO法人もみの木は筋ジストロフィー患者の QOL 向上推進に関する事業を行い障害者福祉の増進を目的としています

 2006年 2月 筋ジストロフィーである息子の治療方針に疑問を抱き様々な研究を始める

2007年12月 京都大学での「神経筋疾患の呼吸リハビリテーション」の交流会・勉強会に参加し賛同者を得て組織立ち上げを決意

2008年 1月 NPO法人設立に向けた準備を開始

2008年 5月 協力者・賛同者の募集開始

2008年 8月 設立総会を開催

人工呼吸器を必要とする全ての患者が安心して生活ができ中でも筋ジストロフィー患者が自立し地域で生活できるための

「人工呼吸療法の情報提供」と「患者QOL向上」の必要性を提言するため「特定非営利活動法人もみの木」を立ち上げました。